スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『MY ROCK』Hyde【日本語訳とENGLISH translate】

日本語訳は後ろのほうにあります。

『MY ROCK』Feb29 VOL.5の表紙をL'arcのHYDEさんが飾りました。

myrock.jpg


『MY ROCk』is music magazine in France.

interview in MY ROCK magazine

日本語訳は後ろのほうにあります。

『MY ROCK』Feb29 VOL.5の表紙をL'arcのHYDEさんが飾りました。

『MY ROCk』is music magazine in France.

interview in MY ROCK magazine

http://chichi-tsutsu.livejournal.com/2901.html#cutid1

French→English bychichi_tsutsu

here is the translation I've made from Hyde's interview in MY ROCK magazine. This is just the first page (of 2), I'll continue it very soon~. Anyway, I'm sorry for english mistakes ;o;. I'm not an english native so I tried my best in order to do it XD. Please, credit if you use it ^^.

in my rock


myrock3.jpg
♦ Aren’t you too much stressed by the release of « BUTTERFLY » L’Arc~en~Ciel’s new album?
Because the album is mostly made of singles already released, I don’t think I went to a lot of trouble. So, I’m not really stressed (laugh). I just dread as is the case for each new release, but I don’t fear public reactions. This album gets a real maturity and it’s very “L’Arc~en~Ciel”, so I’m sure fans could just love it.



─L'Arc~en~Cielのニューアルバム「BUTTERFLY」がリリースされますが、緊張感などありますか。このアルバムのほとんどの曲がシングルとしてリリースされていたからか、そんな大きなトラブルも無く、ホントにストレスは無いね(笑)新曲が少ないことについては、みんなの反応は恐れていなかったよ。このアルバムは、ほんとうに成熟しているし、きっととても「ラルク」だから、ファンはみんな好きになってくれると思う。

♦ Were the composition and the writing of this album influenced by March 2011 tragic events?

In effect, because of the events, the band and I were much less active than usually. Consequently, I got more time for improving each detail, each arrangement. For our birthday, we would like to make an album very cheerful and festive. The events make us changing of heading (??). A song of the album, “Wild Flower” is dedicated to this feeling: Its melody is sadder, and its lyrics deeper than what we make usually.

HISTORY OF BUTTERFLY─2011年3月に起こった災害はこのアルバムの制作に何か影響を与えましたか?
実際、震災によってバンドも僕も、いつもどうりには動けなかった。結果的に、細かいところ、全てのアレンジを善くしようと時間をかけた。僕たちの誕生日のアルバムとして、元気づけるような、お祭りのようなアルバムにしたかった。震災は僕らの方向性をどうしても変えた(影響を受けずにはいられなかったとHydeさん言ってましたね。he said he couldn't see the tragdy when he made L'arc songs) ,アルバムの『WildFlower』という曲には強く気持ちを込めたよ。メロディは悲しいそして、歌詞も普段僕らが作るものより深い。


♦ Why call the album « BUTTERFLY » ?

The butterfly evolved from its pupa to its taking flight. It's L'Arc~en~Ciel’s case, after 20 years, I believe we are taking ours... (laughs).

─何故BUTTERFLYというタイトルを付けたのですか?
蝶は蛹から羽化して飛び立つ。これはL'Arc~en~Cielの場合の話、、20年後最終的に僕達は僕達だと思う…(笑)

♦ What is your album's favorite song?
I would say the last one, "Mirai Sekai". This track makes me want to cry. I'm very proud of this composition. It gets a depth which was a bit missing those last years. Its message is very strong and I advise everybody to listen to it carefully.

─アルバムの中でお気に入りの曲はどれですか。

最終的には「未来世界」かな。泣きたくなる曲だよね。この曲を作れたことをほんとに誇りに思ってる。最近の自分たちの曲に欠けていた深いものがあるから、メッセージ性も強い。みんなにはじっくり聴いてほしい。

♦ How do you make evolving L’Arc~en~Ciel around-the-clock in keeping a veritable musical identity?
A rainbow is made of multitude changing colors. I think this name helps us to renew constantly. Without losing for all that our unity.

─L'Arc~en~Cielはどのようにして、音楽性を維持しつつも進化し続けてるのでしょう?

虹は絶えず変わり続けるたくさんの色で出来ているよね。このバンド名に絶えず生まれ変わり続けていくようにいつも助けられてると思う。なんにも失うことなしに。

A very closed sphere... (とってもなごやかな空気)

myrock2.jpg

♦ 20 years; it's the age of Japanese majority. Does, for its 20, the band reach maturity?

Besides we grew up as well as a mature band, but we also manage to enter in this very selective artists’ sphere, the one of the bands which lasts. This is the all-important moment: it's after 20 years that we have finally so many fans abroad.

─20歳は日本では成人の年齢です。この20年間でバンドは大人になりました?
バンドとして成長しただけでなく、バンドの中でも長く続いている数少ないバンドになったよね。20年やってきて、海外についに沢山のファンができたよね。これってとっても大事なことで、これからだよね。

♦ After 20 years, sharing your artistic life with the same people, are you tired of it?
I can't deny that we have some 'periods' when the band was more or less getting on well. And I can say that now we're going through a period quite luxurious: we have reached our chemistry. I'm particularly glad that our international career is developing now we are at the climax of our art. Sincerely, I think the best is coming and the more difficult, or what make us getting tired of before, is behind us. The harmony between us is perfect!

─20年の間、音楽活動を同じ人々とやっていて飽きませんか?
そういう期間が多かれ少なかれあったことは否定しないかな。僕らは僕らの良いやり方に辿りついたんだよね、だから今、とっても穏やかで良い状態だと言えるよ。特に、僕は国際的なキャリアが育って、僕らの創作が最高潮になっていくのが嬉しい。本当にね、以前のうんざりするような、難しい時期は過ぎ去って、一番良いことがやってくるよ!メンバー間の関係はパーフェクトだよ。

♦ 20 years of career, does it age? That what I often think (laughs). I’m old! But I find consolation telling me that it’s thanks to all these years that we are here today, as a band, and that we get on as well together.

─20年のキャリアの中で年をとりました?
これはとてもよく考えるね(笑) 僕は歳取ったよ!でも、バンドとして、今日ここに至るまでの年月に感謝しなきゃってそして、一緒に年を重ねていこうぜ!

Keep smile(笑って)

♦ As a band, what is your longevity secret?

The secret? Never get worked up. If we struggle too much, the least little problem can lead to dispute, opinions aren’t the same, and there are arguments… We have to be tolerant, don’t get worked up, be in a good mood and move on small problems… Don’t be stopped by little obstacles and keep smiling!

─あなたにとってバンドを長く続ける秘訣はなんですか?

秘訣? 無理に突っ走らないこと。あまりに多くの問題を抱えてる時だと、ほんの些細なことでケンカになっちゃうし、意見が違うと議論になるしね…寛容になるようにして、突っ走らずに、楽な気持ちでね、小さなうちに問題は解決。あと、小さなことで立ち止まらないで、笑顔でいることだよ!

♦ How do you explain the band success abroad?
I can’t explain it actually… Maybe because we have existed for a long time? Actually, it’s a question I would like to ask you (laughs)!

─バンドの国際的な成功をどのように思いますか?
本当に説明できない… 多分ずっと長く活動してるからじゃないかな?僕が聞きたい!(笑)



♦ Where is this specific relationship with France coming from, according to the name of the band, of some of your song titles?

In spite of the fascination we always have for your country, you have to know that we came in France for the first time only 4 years ago. It’s weird because we arrived with the feeling… of coming back home -going to the country- (laughs)! We could come earlier; we should just have wanted it. But we were keeping France for a very special occasion. And in the case of this tour, it was obviously an inevitable stop. I’m promoting and I feel like enjoying myself with it. I can’t wait (laughs)!

─フランスとのここ数年の特別な関係は、バンド名や幾つかの曲のタイトルにからきているのでしょうか?
実はこれまで僕らは常にフランスに魅力を感じていたのだけど、僕らが初めてフランスに来たのが4年前だというのを知っておいてね。その時はフランスに…帰ってきたような(笑)へんなかんじだった!それまでに来るチャンスはいくらでもあったけど…フランスは特別な場所だからってとっておいたんだよね。そしてこのツアー(前のL7)ではフランス公演はあきらかに必要なステップだった。僕は今回のプロモーションで地固めの準備の楽しさを感じてるんだ、待ちきれない!(笑)

~PAGE 2 ~An unbelievable experience(しんじられないぐらいの経験)

♦ What are you expecting from French public/audience?

When we came the first time, fans were boiling, it was an unbelievable experience. Every members of the band were delighted, and it's a real happiness to come back again playing in the same stage. And this time, for this tour, we're going to work twice as hard for the mise-en-scene (or staging, I don't know ^^") and the show. I hope your reactions will be positive.

AN INCREDIBLE EXPERIENCE─あなたはフランスのメディアや観客にどんな期待をしていますか?
初めてライヴしに来た時、ファンが熱狂していて、それは信じられないくらいの経験で、バンドメンバーはみんなうれしくって興奮してた。また同じ場所に演奏に戻ってこれて本当に嬉しい。今は、ツアーのために、ステージングにも演出にも倍の気合を入れているよ。いい反応を期待してる!

♦ The only other band which came to the Zenith de Paris' stage for its first time was X JAPAN. What are your feelings about it?

That we were the first anyway! (laughs). X JAPAN are J-Rock mentors, I'm proud of being able to play in the same stage as such a big band.

─フランス公演でル ゼニットでライヴをしたのは他にX JAPANだけなんですが、どう思われますか
どちらにしろ僕らが最初なんだよね(笑) X JAPANは日本のロックシーンのメンターだから、その凄いバンドと同じ会場で演奏できるのはを誇りに思う。

His autobiography(自叙伝について)
m.jpg


♦ You just released an autobiography. Where does this envy come from?
Until now, I was putting barriers, and was hiding behind. With my book, I would get rid of all my secrets and put on 'reset' button. Starting from scratch, without putting limits on myself.

─自叙伝(THE HYDE)を出版されましたが何故出そうと思われたのですか。
今まで僕はバリアを作って、その後ろに隠れていたんだけど、この本ですべての秘密を明かして、リセットボタンを押したかった。自分の制限をなくして、ゼロにしたかった。

♦ You are a singer and you were as well a model and an actor. Which other experience miss your life?
I like making things, painting, making pottery... And I'm found of the cooking of sobas (Japanese noodles) (laughs). I could convert into Japanese noodles!

─あなたは歌手ですが、モデルや俳優としても活動していますよね。人生で他に何かやり残していることはありますか?
僕は物を作るのが好きで、絵を描いたり、陶器を作ったり…あと、蕎麦を打つ事への情熱を持ってる(笑)俺は蕎麦屋に転職できるかも!

♦ What do you think about Japanese music?

Are there some bands or artists you particularly like? Actually, I like Japanese music when it doesn't look like Japanese music... I particularly admire my partner in VAMPS and his band OBLIVION DUST. And to be honest, I don't listen to music that much, if not ours.

─日本の音楽シーンについてどう思いますか。あなたが特に注目しているグループは?
実をいえば、日本の音楽っぽく聴こえない日本の音楽が好きで…特にVAMPSで僕のパートナーの彼がやってるOBLIVION DUSTはカッコイイと思う。正直、僕はあまり音楽を聴かないんだ。自分の曲じゃなくても。

France without hesitation(ためらいなくフランスだよね)

♦ Do you realize that you are a J-rock icon all over the world?
Sometimes ago, I daren’t push myself into the foreground. But I realize that a certain energy was missing, and I decided to stop containing myself, and become a leader. Maybe it's that why I get this icon status... From now, I'll try my best in order to be a charismatic leader.

─あなたは世界の中の日本のロックアイコンとしての自覚があります?

ちょっと前までは、あえて自分を前に出そうとしなかったんだよね。でも僕は大事なエネルギーーが欠けていた事に気付いて自分を押し隠すのをやめて、リーダーになろうと決めた。たぶんアイコンなんてステータスを得たのはそれが理由じゃないかな…今からはカリスマ的なリーダーになるためにがんばろうって思う。

♦ What is your best memory on stage?
I would say in 1999, an open air show with 5000 people... That real human wave has impressed me. Otherwise, in terms of energy coming out of fans, I would say France without hesitation!

─今までで一番印象的なステージはどれですか。
1999年に日本で行った野外での5000人とのライブかな(Grand Gross)。この時の人の波に本当に感動してしまって。それ以外なら、ファンのエネルギーの面でためらうことなくフランスだって言うね!

myrock4.jpg



一部意訳やTHE HYDE参照なところもありますが、英語をハイドさんが言いそうな感じで訳しました、フランスのTwitterFollowerさんが英訳してくれました。

ハイド、どんだけ蕎麦好きなんだよ!ハイドが蕎麦屋やったらみんな行きますよね。

Twitterは@hyhy1969okでやってます。日本語もEnglishOKですのでお気軽に?どうぞです。
This artice's pics taken by my friend(she bought)





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。