スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●【過去のをmixiより転載】被災地より経験則マニュアルわりとまとめ●

this blog about Earthquake written in English
このブログは2011年3月11日に被災した際にmixiにまとめて転載自由としたものを加筆修正したものです。
教える、転載ご自由にどうぞ。


●人生で二度も原発事故に出くわす数奇な運命となりました。
震度6強、津波、断水、停電、放射能事件を経験してとりあえずまとめてみました。経験に基づいてマニュアルからいらん!と削ったり足したりしました。ソースは全部公的な確実なトコロからのみ取りました。質問あればmixi,メールでいつでも受付。経験則のみ追加します。好きに転載していただいて構いませんが、【不必要な買占めは馬鹿をみる=人間の持って逃げられる量なんてほんの僅か&すぐに炊き出し始まる】●

1691977284_99.jpg1689614491_253.jpg



↓地震マニュアルサイト↓;これでどこで大地震に遭うかをシュミレートするだけで行動力が俄然違ってきます。
地震情報サイトJIShttp://j-jis.com/
↓被災地での生活マニュアルサイト↓
OLIVE http://www.olive-for.us/(written in many language dor foreigners!)

*被災時にとっさにとるべき行動は倒壊するかもしれない建物からいかに早く脱出して、公園や広場まで避難するかということ!揺れが収まったらすぐに外に出て安全な場所へ。ただし、お風呂中に地震にあった場合だけまず出口の確保。

*玄関にバールやかなづちなどを置いておく。鍵の部分を壊せばドアが歪んで開かなくても蹴破れます。
1687194712_216.jpg
*ブロック塀には近寄らない、細い路地は通らない。(写真のようになります、自宅の目の前です)
逃げるときはできるかぎり底の厚い靴を!あとリュックが便利!

*あと、3日ぐらい食わなくても死にません、が水無いと死ぬ。それから僅かな塩分。100kmぐらい人は歩ける、と72km歩く行事があった高校出身の私が言う。歩ける。

*寝るときなど、いつも常に頭を守れるもの(マフラーとかでもいい)を用意しておく。

*震災の時に、建物に赤い紙これ実際見たら、赤いビニールテープや蛍光ピンクテープでした。紙では無い!注意が貼られていたら、それは「全壊」の判定を受けた建物です。倒壊の危険性が高いですので、近寄らないようにしてください!

*GPS機能を利用した被災地を限定したツイートのみを閲覧出来るサイト!多分お店や給水なんかの情報も流れるから被災地のツイッター登録者は活用して下さい。http://bit.ly/g20zTk

*最初に頼りになるのはご近所づきあいと口伝えで「●●のスーパーがあいてる」「●で給水」とか来ます。特に小学生中学生の親のネットワーク最強です。気軽に尋ねてみましょう。給水はとりあえずわからなくても、一旦無事な小中学校のグラウンドにいけばやってます。避難所で聞くのもあり。
*市のHPを携帯からもブクマ。(ローカルな情報が早い)

車から携帯充電できると便利です。カーラジオも聴ける。車に毛布積んでおくといいかも。

*災害伝言ダイヤル171(おばあちゃんなどにも伝えておこう)

*綺麗にしたペットボトルに水を入れて太陽光に6時間さらせば飲料水になる(紫外線消毒)と一応外国のサバイバルサイトでは書いてあります(訳した)。ペットボトルはとっておこう。蓋ごと。まぁ給水始まるので。

*三角(人の字)に亀裂が入ったところは次の地震で崩れます。近寄らない。立ち入り禁止は三角コーンが立ちます。

*サントリー、自販機、緊急時飲料提供ベンダー。自販機の右上の非常用小窓【ステッカー貼ってある)を押し破る、開いた穴から手を入れ、右側にあるステッカーを剥がす。赤いレバーが出るので下に下ろすと外扉のロックが外れる。外扉内扉を開くと飲料を取り出せる。無料。

☆防災グッズ(持ち出し)☆
懐中電灯←または携帯のあかり、充電を常にフルに!
非常食(カロリーメイト、チョコ等一食分で十分)
消毒液←あれば
新聞紙(丸めて拡声器にも)←便利、毛布のかわりにも。
ガムテープ←便利
ラップ←皿の上に敷いて洗い物減らす。止血、防寒。火傷には使用×
包帯か女の子なら生理用ナプキン1個←ストッキングと生理用ナプキンで包帯の代用できる
ライター←ただし火事注意
傘←折りたたみならば
ペットボトル500ml←中身は水かポカリ、アクエリアス、麦茶.重さ的に500限界。
笛や防犯ベル(音を簡単にならせるもの)←音が出るものがあると生存率が格段に上がる 携帯も鳴れば!
小銭と袋(どこかに閉じ込められたとき便利です
ハンカチ←怪我の止血にも便利
スリッパ←これは靴がアウトになったときのときのために。
ウェットティッシュor汗拭きシートorメイク落としシートor赤ちゃんのおしりふき←あるとほんと便利
軍手←硝子割れまくり
マスク一枚←なければハンカチ、タオル巻けばいい。
常備薬(1週間分)
赤ちゃんいる人は粉ミルク(最悪、5%の砂糖水で代用できる)
マジックなどのペン
ラジオ←停電の中本気で唯一の情報源になります。
ホッカイロ1こ

☆家が確実に残りそうな方の防災グッズ☆
注:カップめんはお湯が沸かせなきゃ何の役にも立たない。
注:避難所生活では必要が無い。家が潰れそうだ燃えそうだ、って人はいらん。
ラジオ
電池
ホッカイロ
缶詰(水分にもなる)
2Lのペットボトル水分(水じゃなくてもいい。給水が来る。ペットボトルに給水してもらえる)
消火器
軍手
マスク
ウェットティッシュ
毛布
カセットコンロ(鍋で米も炊ける)
震災後買いに行くなら:そのまま食べられるもの(あらかじめ炊いた米は冷凍しとく癖を。)、生麺タイプうどん(そのまま食え!)、やたら長持ちするパン、お菓子、缶詰 、サトウのゴハン系は水を注いでふやかせばどうにか…食べられます。


*「地震慣れ」しないこと、常に最悪の事態を想定すること。自分の住むところの一番地盤の固いところを調べておくこと。そこに逃げる方法を家族と話し合って。連絡の取り方も。電話は諦めて。大事な人と連絡を取る方法を決めておく。東京なら被害想定死者数2人の青梅、福生まで一番広い道路のど真ん中を歩きながら行くこと。首都にいたら二時間後に火事でパニックになる。出来る限り早くはなれること。
一応東京防災マップhttp://www2.wagamachi-guide.com/tokyo_bousai/
各自治体(県、市町村)のHPを確認しておく。

*埋立地は液状化する、山は土砂崩れに注意、海は津波。3mの津波が海岸の形(湾、リアス式海岸なら注意)により何Kmも被害が出る。興味本位で見に行こうとする人は殴って止めて。車ですらさらわれる。

*水洗トイレの流し方;バケツに河やどぶの水を汲んでくる。→タンクの上(水が出てみんな人形とか石とか飾ったりする蓋)をあけて中に水を入れる→レバーを押す。これでふつーに流れます。ゴミは拾わないようにしつつ、澄んだ水でなくてもいいので、その辺のドブでOK。日本の水はそれでも世界基準で綺麗。

*浄水器のBRITAがあれば、あやつは最悪、河川水をも濾過して飲み水に変えられるので、雨水、川の水などを飲料水に変えられるので無敵。買える人はお薦め!買えの濾過カートリッジもね!太陽消毒で水を消毒したあとBRITAいれれば完璧かと。日本人は水の味に五月蝿いけど、非常時は飲めればよかろう。
ブリタの浄水器。濾過式の力↓
「あの赤みがかった(いや黄色か)つ○ば水を、つく○に始めて済んだ人間全員に「何はなくとも浄水器」とお買い物に駆り立てる力を持つつ○ば水を、飲める水に変えてしまった実績を持つ。」
…つくばですね…

*地震の二次被害は火事、強盗(偽ボランティアは団体に登録してません)、強姦です。夜は固まって数人で行動するように。三人が望ましい。三本の矢、三人寄れば文殊の知恵。


★電気:通電するときにショートして火事になるかもなので停電したらブレーカーは落としておく。街燈が点くので停電直ったとわかるので!それからで十分。火事で死ぬよりまし。ガス水道電気の復旧順には地域差有。
★ガス→ガスが止まったらガスの元栓、メーターのところのハンドルを閉める。市町村でガスを使わないよう呼びかけがあったら従う事。ガス復活のときは元栓を開けて変なにおい(ガス漏れ)しなかったらOK。ガス漏れしていたら変なにおいがするので注意する。ガス漏れしていたら【火気厳禁】なので電気もつけない消さないさわらない(火花が出る→爆発する)で、とにかく換気してガス会社に電話!
ガス漏れしていないのに復活しないとき↓↓
LPガスの復帰方法http://www.lpg.or.jp/disaster/disaster04.html
東京ガス:http://home.tokyo-gas.co.jp/userguide/anzen/meter/reset/index.html
★水道→暫くは飲めない、赤錆すごくて飲料、料理には無理。
水道でたら泥水だからしばらく流す。トイレ風呂も。水回り水道管壁からの染み出しがないか。水道管の配管(家の設計図把握して)をたどる。外も同じように。損傷あったら水道管破損。その後全ての水道止めてメーター見に行く。うちならブルーの蓋の中。
↓水道のメーターあるとこ。普通の住宅なら家の外。こんなん。開けます。

1691063614_237.jpg
1691063614_100.jpg

水出してないのにゆびさしたとこがくるくる回ってたら漏水の危険。



ちなみに今、茨城と福島の県境に居ます。線路は歪んでます。道路陥没。いつもうたってた海は津波。流された人も居ます、友達とか。TVに映るあんなかんじです。車が屋根の上に乗ってるんよ。写真は珍しくTVに映った報道の被災地の穴、北茨城(うち)と、家の目の前のブロック塀(こんなんまだ軽い方。こんなんで衝撃受けてたら片付けできないよ)。
1689614491_140.jpg地元
1687194712_202.jpg1691063614_44.jpg

★☆その他☆★
*士気的なものとして、情報ソースの確かでないネガティブ情報は広めない。
*公務員が不眠不休で、命がけで頑張るので、叩かない。むしろ感謝の言葉で「仕事」として士気を高めて送り出してあげてください。原子炉の専門家も命をかけて今闘ってくれている。
*体の悪い人も皆平等、信号がつかなくなります。自身の安全もですが、他人も助け合い。
*日本に代替エネルギーがみつからず、かつ、貴方が今の生活レベルを維持したいというならば、原発反対ばかりを言わず、まず節電してください。
*被災地に必要なものは何にでも変えられるお金。*日本赤十字社HPより。このたび東北関東大震災の専用口座を開設いたしました。http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.htmlにてご案内いたします。
*一番用途があるのは血液と現金、死ぬ覚悟と知識経験のあるボランティア!ユニセフ、と名のつく団体は中間搾取、詐欺が多いので確実な日本赤十字でお願いします。物資は要りません、お金があれば全て必要なものに変えられます。
*計画停電のところの皆、偽電力会社の訪問に注意!頭をバットで殴ったレ!それから被災地あたりの皆、戸締り、ガソリン抜き取り注意、それから地震慣れしないこと。地震慣れ、地震に飽きた頃に大きなものがやってきて咄嗟に対応できなくなるのが怖い。


以上、人種はひとつ!人間だけ!アタシも仲間に入れて!



●以下、思いついたこと追記欄●
ラップを必需品に入れました。コレ、実際生活するとホント忘れます。
*スーパーで買い出し中に余震が来たらパニックになりかけるが、誰かが「棚から離れろ」と言えば皆落ち着きます。自分が守るぐらいの気持ちでみんながいれば大丈夫!缶の棚は本気で危ない。 言える人になってください。
*田舎の人は、最悪「山でキャンプ」という手もあり。フジロックの気持ちで!
*オススメ靴:安全靴、ドクターマーチン。上着:ライダース、ヒートテック、下はデニム。ROCKERS、PUNKSは最強ってことだ、周囲を守れ。
*それからやっぱり大丈夫、がんばろっていう声とか励ましあい、「何とかする」っていう言葉は言霊です。
*現在余震の中、警鐘鳴らしながら、給水案内と放射能案内の消防が回ってます。ガソリン無くなったらおわりなんで、買占めヤメテー。
*ガソリン抜き取り(被災地で深刻に不足していた)事件多発しました。

*車のガソリンはいつもフルにしておいた方がいい。


【避難民の方へ~できること!】
*市町村職員が避難民のおにぎり握りしてます!
エコノミー症候群が心配な避難民の方々、復旧に充てる時間をおにぎり作りを市の職員にさせずに健康な方が自分や他人の分の炊き出し助け合いしませんか。その間に瓦礫撤去水道ガス電気復旧や対応が進みます。街を復旧させる気持ちは一緒!自主的に出来る事をやりましょう!中から声上げてくれないとお願いできないんです。
そうすれば、ライフライン復旧も色々な受け入れ先捜し、国に必要物資を市から強く要求することももっと進みますので!
*インフルエンザ、風邪が流行ってます。各自十分にご注意を。

【救援物資について】
*何が欲しいかは地域差があります。各自治体窓口に直接きくのが確かです。医療の現場では消毒液、マスク。また、電気通ってるかによって大分違いますし。個人では全体を把握するのは難しいです。

*血液の保存はききません。献血は来週以降いっそう必要となります。
殺到せずに、常に絶やさないよう、献血できる地域の方はお願いします。

【募金、物資支援について】
詐欺が多く出ています。募金は赤十字(ただしまだ分配がきまっていないので被災地には一円も届いていないのが現状です。)、スグに届けたい場合は各県市町村(選べない場合は県が良いと思います)窓口へ。物資の支援をしたい場合もこちらへ問い合わせるのが確実です。

*日本赤十字社HPより。このたび東北関東大震災の専用口座を開設いたしました。http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.htmlにてご案内いたします。

直接被災地へ物資を個人で届けられるサイトもあります、被災者のニーズを見て直接支援ができます。 アゲマス。http://agemasu.jp/mimiも既に何度か物資をお送りさせていただきました。

放射線系のまとめについては次の記事。
何かありましたらコメント欄、メッセージなど。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災 - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。